ピーチ航空で国内旅行をお得に楽しむ

飲み物持ち込めるからドリンク代が浮く

大阪の会社であることのアピール? : 飲み物持ち込めるからドリンク代が浮く : 預け荷物をなくすのが安くするコツ

また、機内食も独特です。
一般的に機内食で提供されるものに関しては匂いが少ないものが選ばれます。
人の好みは多種多様ですから、ある人には良い匂いであっても、他の人にとっての好みの匂いがどうかは分かりません。
また飛行機内は密室の空間になりますので、どうしても匂いは充満します。
しかし、ピーチでは機内でたこ焼きの販売が行われています。
たこ焼きですので当然ソースの匂いなどが機内に充満するのですが、これが不思議と嫌な気分にはなりません。
格安航空会社は機内で無料のドリンクサービスや無料の機内食は提供しないので購入しなければなりませんが、小腹が空けば買ってみようという気になります。
飛行機の運賃が格安である秘密はこのドリンク、食事は無料では提供しないという点にあります。
しかし、国内の移動であれば少しの時間飲み物を飲まなくても問題はありません。
また、海外ではないので、セキュリティで飲み物を全て捨てる必要もなく、きちんとチェックを受ければお茶の入ったペットボトルや水筒も持ち込むことが出来ます。
機内で飲み物を購入することに抵抗があれば飲み物を持参すればその分お金は節約出来ます。
実際、多くの方がやっていることではありますが、関西空港のターミナル2にはセブンイレブンのコンビニがありますのでそこでおにぎりやお弁当、飲み物を買って持ち込めます。
海外の格安航空会社では持ち込みを制限している航空会社もありますが、私はピーチを利用して飲食の持ち込みを咎められたことは1度もありません。

ピーチ航空 : ピーチ航空とは?